外来看護師 役割・仕事内容

転職にあたり外来看護師の役割・仕事内容などに関して不安をお持ちの方も多いのかもしれません。当サイトでは外来看護師の仕事についてや求人探しに役立つ情報を掲載しています。

小児科外来の看護師求人をお探しのナースへ

小児科外来で働く際のポイント

小児科外来の看護師求人をお探しのナースにお伝えしますね。

小児科外来における看護師の仕事内容は、主に医師の診療介助です。

小学生も中学年~高学年になれば、自分から衣服を脱いで診察に協力できる子が多くなります。

しかし小学校低学年(1年生、2年生)、さらに下の年齢(幼稚園、保育園児)の中には、

「病院は恐いところ」

という意識が強い子供もいるんですよね。

その場合、病院やクリニックを見ただけで泣き喚いたり、健康診断や予防接種を行う小児科外来なら、「絶対に注射だけはイヤだ!」と抵抗が強いかもしれません。

特に医師に対して恐怖心を持っている子供がいますので、看護師として優しくコミュニケーションを取ったり、素早く体位を固定した上で、安全に処置(ドクターの介助)を行うケースもあるでしょう。

その点で大人より大変な部分もありますが、もともと子供が好きなナースや、育児の経験がある看護師にとっては、逆に働きやすい職場ではないでしょうか。

ただし小児科外来の求人は昔よりも減っています。日本は少子化が深刻な問題となっていますので、それに伴って小児科外来の病院、クリニックが減少傾向なんですよね

しかし地域によっては、「小児科外来の予約がなかなか取れない」と言われていますし、そのような病院やクリニックは定期的に看護師求人を募集しているかもしれません。

仕事探しのモチベーションを行動に結び付けましょう

大切なのは、あなたの地域で小児科外来の仕事を探すことですね。

「なんとなく小児科で働きたいな」

と思った瞬間に、看護師紹介会社に無料登録して情報収集を行って下さいね。

もしくは現在すでに小児科で働いていたり、ブランクからの復帰で小児科外来を考えているかもしれません。

いずれのケースでも、現在募集されている小児科外来を調べたり、紹介会社で小児科ナースの求人動向を聞くことが大切ですよ。

正社員、アルバイト、パート、派遣で求人探しの難易度は変わりますが、「小児科で働きたい」というモチベーション(内的動機)を、就職活動に結び付けて下さいね。

小児科は採血や点滴のルートキープが成人と比べて難しいと言われますが、働きながら覚えることが可能ですし、看護師として大切なスキルが身に付くのではないでしょうか。

小児科外来を経験した後、小児病棟の仕事を探したり、保育園ナースへ転職する方もいますし、今後育児を経験される場合も役立つスキルを得られますので、ぜひ紹介会社を利用して求人を探してみて下さい。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

外来看護師に強い求人サイトをご紹介します