外来看護師 役割・仕事内容

転職にあたり外来看護師の役割・仕事内容などに関して不安をお持ちの方も多いのかもしれません。当サイトでは外来看護師の仕事についてや求人探しに役立つ情報を掲載しています。

脳神経外来ナースの仕事

看護師の役割に関して

脳神経外来看護師の役割・仕事内容について記載しています。

看護師業務として携わるのは、診察介助と点滴や検査の介助業務ですね。緊急オペが必要な患者への対応も必要になります。緊急時は救急外来の役割かもしれませんが、知識を深めることは大切です。

外来では、脳血管疾患の患者さんが退院後、フォローという形で通院されることが多いですね。脳ドックで来られる方もいらっしゃいます。

看護師の役割として、それぞれの検査における補助業務が多くなるでしょう。生活指導という形で、外来される患者さん・地域の方々に情報提供する機会もあるのではないでしょうか。

予防治療に関して、様々な質問が寄せられることが考えられますので、あらかじめしっかり知識を吸収して、対応する必要があると言えますね。質問に対して動揺したり、スムーズに言葉が出てこなければ、かえって不安を増大させてしまうことになります。

また、介護に関する情報を提供する場もあるでしょう。介護を行っている家族の質問に対応したり、家族同士の交流でストレスを少なくできる場の提供なども考えられます。

やはり介護が必要な家族を抱えていると、精神的にも追い詰められるケースがありますから、そのような対応も大切になりますね。患者さんが辛いのと同様、家族も同じく、もしくはそれ以上に苦しんでいるケースもあります。

病棟では退院までのケアがメインになりますが、外来においては退院後の再発予防のお手伝い・情報提供のお仕事が主となります。

患者さんの家族を含めたケアの魅力を感じている看護師も多いようですね。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

外来看護師に強い求人サイトをご紹介します