外来看護師 役割・仕事内容

転職にあたり外来看護師の役割・仕事内容などに関して不安をお持ちの方も多いのかもしれません。当サイトでは外来看護師の仕事についてや求人探しに役立つ情報を掲載しています。

脳神経外科病棟の仕事内容について

観察力が大切なお仕事ですね

脳神経外科の病棟勤務をご希望の看護師さんへ。このページでは、脳神経外科病棟の仕事内容(業務)・役割を中心に、人材紹介会社の情報も合わせて掲載しています。

急性期の脳神経外科病棟で働く上で、最も大切なスキルが観察能力と言われています。もちろん他の科でも観察力や注意力は大切ですが、特に患者様の命に直結する科ですから、非常に重要となるでしょう。

また冷静な対応力も大切になりますね。急変時の対応がしっかり出来るかどうか?が大切です。挿管介助やDCの理解も必要になるでしょう。もちろん医師やリハビリスタッフとの連携も必要になります。患者様一人一人の状態に合わせた看護プランを立てる役割もありますね。

同時に患者様のご家族のメンタルケアも大切になります。オペ前後の看護も急性期で気が抜けない状態(いつ再発するか分からない側面があります)が、将来について不安を抱えているご家族のケアも心がける必要があるでしょう。

脳神経外科病棟で働くやり甲斐

脳神経外科病棟で働くやり甲斐としては、患者様の回復スピードが速いことが挙げられます。扱う疾患として硬膜下血腫やTIA、CI・脳出血などがあり、症例にもよりますが、患者様が回復されていく姿を見ることに充実感を感じているナースも多いです。

実際に転職を考える際は、ハローワークや転職雑誌、ネット広告や新聞広告、知人の紹介などを考えられるかもしれません。しかしそれぞれに一長一短があります。特に、職場の詳しい情報まで分からない点が不安ではないでしょうか?

その点、転職サイト・人材紹介会社を活用することで、入職前と入職後のミスマッチを防ぎやすいですね。職場の詳細な情報は元より、忙しい看護師さんもスピード転職できると評判ですから、まずは実際に登録されてみてはいかがでしょうか?

履歴書・職務経歴書の書き方や、面接についてもアドバイスを行ってくれるでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

外来看護師に強い求人サイトをご紹介します