外来看護師 役割・仕事内容

転職にあたり外来看護師の役割・仕事内容などに関して不安をお持ちの方も多いのかもしれません。当サイトでは外来看護師の仕事についてや求人探しに役立つ情報を掲載しています。

小児科外来看護師の仕事について

問診や医師の診療補助がメイン業務

小児科外来ナースの役割・仕事内容について掲載しています。

小児科外来・病棟で働く看護師の志望動機は様々だと思います。以前別な科で働いていたけれども、結婚などを理由に退職し、子供が産まれて小児科に興味を持ち、復職される方もいますね。

「子供が好き」という理由だけでは、なかなか難しいと言われる小児科外来ですが、育児の大変さ・辛さを理解した上で再就職されると、比較的スムーズに仕事に入れるのではないでしょうか。

今は予約制の小児科が大多数で、中には携帯から待ち時間などが分かるシステムを導入しているクリニックもあります。

看護師の仕事内容・役割としては、問診や医師の診療補助がメイン業務ですね。採血や点滴の施行もありますし、健診時の身長、体重計測、余話某摂取時のワクチン発注業務も業務範囲です。

採血が苦手な子供も多く、中には泣き叫ぶ子もいることでしょう。そのような場合でも笑顔で応対する必要がありますね。両親に退室をお願いすることもありますが、側にいることで小児が安心することもありますから、臨機応変な対応になります。

採血や点滴、予防接種を医師が行うクリニックもありますから、小児に対しての注射が苦手な看護師さんは、そのようなクリニックへの転職を考えると良いでしょう

転職サイト・人材紹介会社を利用しましょう

大規模な病院の場合、外来診察と検査室の看護師は別になります。採血室で採血を行うことになりますし、それがクリニックの違いの一つと言えますね。

子供は直感的に、子供が好きな大人を見分けると言います。対応中に子供が泣いたり、心を開いてくれない場合は、コミュニケーション力を見直す必要があるかもしれません。そのような要素も、仕事の範囲と言えるのではないでしょうか。

尚、小児科外来の看護師求人を探す際は、転職サイト・人材紹介会社の利用が便利です。自分一人で情報収集していても探すことが出来ない非公開求人も多数抱えていますから、まずは実際に相談されてみてはいかがでしょうか?

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

外来看護師に強い求人サイトをご紹介します