外来看護師の役割・仕事って?

作業効率と時間の配分が大切なお仕事です

看護師の主な勤務先といえば病院ですが、病院に勤務する看護師はさらに、病棟に勤務する看護師と、外来に勤務する看護師とに二分することができるかと思います。

外来に勤務する看護師の主な仕事は、外来での医師の診察の幇助、受付、診察開始前の準備、診察終了後の片づけといったところでしょうか。受付には、医療事務専門のスタッフがいる病院も多いですね。

一方、病棟勤務の看護師は、入院患者の看護が主な仕事になってきます。

朝の検温、血圧測定などの患者さんのバイタルチェック、点滴などの処置、検査や手術の送り出し、カンファレンスなど、外来の看護師に比べ、患者さんへ直接ケアすることが多いのが特徴です。

病棟勤務の看護師と外来勤務の看護師の一番大きな違いは、やはり、夜勤があるかどうかということではないでしょうか。

独身で、体力的にも自信のある若いうちは、夜勤もバリバリこなし、病棟勤務の看護師として頑張る看護師が多いかと思いますが、看護師のほとんどは女性です。結婚や出産を機に、夜勤もなく、業務内容的にも、比較的体力的に負担の少ない外来勤務に転職を考える看護師も多いようです。

とはいえ、外来勤務だからといって、病棟勤務よりも楽であるということでは決してなく、外来勤務の看護師には外来勤務の看護師の大変さがやはりあります。

病棟と違い、外来は診療時間内にいかに効率よく、診療を終えられるかも重要な課題の一つです。外来勤務の看護師は、時間のやりくりというか、作業能率をいかに上げ、時間を上手く配分していくかの手腕が問われるのではないでしょうか。

外来看護師の求人募集を見つけるには、人材紹介会社を効率的に活用すると良いでしょう。以下は実際に利用した看護師さんの満足度が非常に高く、口コミで人気が広がっている転職サービスですね。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら