外来看護師 役割・仕事内容

転職にあたり外来看護師の役割・仕事内容などに関して不安をお持ちの方も多いのかもしれません。当サイトでは外来看護師の仕事についてや求人探しに役立つ情報を掲載しています。

人間関係におけるスキルが必要

クレームの処理

看護師の中でも特に人間関係が重要視されるのが外来看護師だと言われています。もちろん、看護師には人間関係におけるスキルは不可欠ですが、それ以上に入れ替わりの早い外来患者に接する機会の多い外来看護師は、特に人間関係におけるスキルが必要になります。

外来看護師の役割の一つに外来患者からのクレームの処理と言うものがあります。残念ながら全ての患者がじっとおとなしく、自分の診察を待っているわけではありません。

中には、自分の体の不調が不安で不安で仕方ない患者だったいるはずです。初めて来た病院で、緊張している人もいるでしょう。また、医師の診察の後に、確認したいことや聞き漏らしたことについて看護師に尋ねてくることもあるでしょう。

多くの患者と一緒に待合室で長時間待っていれば、取るに足らない問題も大きな不満となるものです。

「自分が待っていたのに、自分よりも後に来た人間が先に診察された。」
「朝から待っているのに一向に自分の名前が呼ばれない。」

外来患者からのクレームで最も多いのが、これらのクレームだとされています。

予約の方が優先のシステムであったり、必要に応じてしっかりとした診察をしていれば、当然起こりうる話ですが、長時間待たされているという不満から、物事を冷静に考えることが出来なくなってしまう患者も少なからずいます。

こうしたクレームの処理をいかに的確に行えるかが外来看護師に求められるスキルでもあります。

潤滑油としての役割

また、外来スタッフ同士の人間関係も非常に重要です。人間関係がギスギスした職場は、どうしても居心地が悪くなってしまいます。

いかにスムーズに業務が回るように出来るか、と言うことを考える必要のある外来看護師の役割は、この人間関係においては潤滑油としての役割だと言っても差し支えないでしょう。

時にそれは、外来看護師を志す方への強いストレスになることもあるでしょう。しかし、何事にも慣れ、コツと言うものがあります。それが分かったとき、自分のストレスを最小限に抑えながらも場を収めるスキルが身につくはずです。

この点に関しては、経験が不可欠な要素となってきますから、外来看護師として人間対人間の間に立ち、スキルを磨いていくといいでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

外来看護師に強い求人サイトをご紹介します