外来看護師 役割・仕事内容

転職にあたり外来看護師の役割・仕事内容などに関して不安をお持ちの方も多いのかもしれません。当サイトでは外来看護師の仕事についてや求人探しに役立つ情報を掲載しています。

求められるスキル

様々な経験と知識

一般的な病棟看護師と外来看護師では、求められるスキルが少しだけ違います。

病棟看護師は、入院患者に対するケアなどに特化した業務となりますから、それに準じたスキルが必要になります。一方、対して外来看護師では、外来患者との接点がメインになりますので、様々な知識・経験が必要になってきます。

外来患者には様々な方がいます。ある方は事故で怪我を負ったという方が来るでしょう。またある方は、体調が思わしくないと言う方もいるでしょう。別の方では精神的に問題があると言う方など症状は様々です。

それらの患者へのケアをするためには、外来看護師自身の病気や怪我に対しての知識や経験が必要になります。

また、外来患者の多くは顔見知りと言う事がありませんよね。ほとんどが初対面の人間である事が多いですから、初対面の相手に対してしっかりとコミュニケーションを取ることが出来るスキルも必要になります。

コミュニケーション能力

そして、外来看護師は診察を円滑に行うための補助的役割がメインの業務になりますから、状況を把握するスキルが何よりも重要視されます。

効率的に行動し、外来患者が待ち時間を不快に感じず、医師が診察しやすい環境を作る。これこそが外来看護師に求められるスキルだと言えます。

その上で、時に患者からされる専門的な質問や不安な気持ちからの発言などに丁寧に応答することが出来る知識、あらゆる状況に対応することが出来る冷静さなども求められるでしょう。

これらは外来看護師として経験を積むことで培われるものですから、最初から完璧にこなすことが出来るという人はそうはいません。外来看護師を目指すのであれば、一つの物事に特化するのではなく、様々な病状に則した知識を身につける努力をする方が賢明といえます。

さらには、コミュニケーション能力は何よりも必要になるスキルですから、日々の業務の中で相手に不快感を与えない対応を身につける努力も不可欠です。

外来看護師は病院の顔ともいうべきポジションにいますので、本当に様々な相手と接します。それだけに求められるスキルも多岐に渡りますから、外来看護師を目指すのであれば、それに応じた知識と経験を積む必要があるでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

外来看護師に強い求人サイトをご紹介します