外来看護師 役割・仕事内容

転職にあたり外来看護師の役割・仕事内容などに関して不安をお持ちの方も多いのかもしれません。当サイトでは外来看護師の仕事についてや求人探しに役立つ情報を掲載しています。

共感を覚える志望動機

好印象を与える

体調不良や人間関係で、病棟の看護師として働くことに疲れてしまったり、結婚や妊娠で夜勤ができなくなって、外来の看護師を希望する人も多いでしょう。

しかしながら、外来看護師は狭き門と言えるほどに募集の少ない職業です。病院でも、実際に欲しい看護師は病棟看護師であることが多く、外来看護師の配置数からして求人は非常に少ないものになっています。

そのため、外来看護師として働きたい人は転職活動において、面接の際の志望動機をしっかりと検討しておく必要があるでしょう。

転職をする際の面接での志望動機は、相手企業、この場合は病院やクリニックとなりますが、雇う側にとって好印象を与える必要があります。

大半の外来看護師を希望する方は、日勤や残業の少ない業務と言ういい面を考える人がほとんどです。ただ、これらはクリニックにとっては何らメリットのないものです。外来看護師を目指して面接を受けるのであれば、その医療機関の情報を集め、その職場の経営理念を理解したり看護観を知ったりして、それらに共感しているといった内容でまとめる方がいいでしょう。

外来看護師自体が看護師の総合職といえる業務ですから、一点特化の看護師よりも広い知識と視野を必要とします。一つの知識だけではなく、総合的な看護知識や薬理学に関する知識、医療器具や診察手順などに関しての知識に加えて、ある程度の看護師としての経験も必要になるでしょう。

そのため、その職場が求めている外来看護師としての人材は、外来看護師として外来を任せることができるほどの、共感を覚える志望動機を持つ人間と言う事になります。

自分の気持ちを正直に

加えて、今の自分の気持ちを正直に、でも当たり障りなく伝えておく、ということも必要かもしれません。

クリニックじゃなくて病院の外来看護師を希望する際に、面接に行くと必ずと言っていいほど、1回は病棟勤務を勧められます。

その場合「病棟勤務は夜勤で体調を崩したので今は自信がありません。できれば残業が少ない外来で体に無理なく、元気に看護の仕事がしたいです」という感じに伝えれば嫌味がありません。嘘はあとあと困りますから控えるようにしてください。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

外来看護師に強い求人サイトをご紹介します