外来看護師 役割・仕事内容

転職にあたり外来看護師の役割・仕事内容などに関して不安をお持ちの方も多いのかもしれません。当サイトでは外来看護師の仕事についてや求人探しに役立つ情報を掲載しています。

外来看護師のストレスについて

外来看護師特有のストレスとは?

看護師は人間関係の悩みも多く、ストレスが溜まりやすい職場と言われています。他にも外来看護師に多いストレスとして、患者や患者の家族から受けるストレスもありますね。

外来看護師は病院の顔とも言える役割を担っていますから、日々多くの患者や患者の家族と接することになります。病院には様々な方々が来られますので、中には理不尽なクレームを受けることもあるでしょう。

その際、いかにスムーズに対応できるかが大切な仕事ですが、同時にストレスを感じてしまうことも多いと思います。

病棟看護師も患者との関係で悩むことがありますが、外来看護師の比ではないと思います。『接遇』という言葉がありますが、外来看護師の仕事内容・役割は、サービス業に近いものがありますね。

ストレスの対象法に関して

ストレスの対処法としては、仕事への慣れ以外には無いでしょうね。どのような仕事でも同じですが、最初はなかなかスムーズに仕事が進みません。要領よく仕事を覚えられる人もいますが、そうでないタイプも多く、それは患者との接し方も同様でしょう。

病棟勤務から外来勤務へ転職したり、特別養護老人ホームや訪問介護から外来へ転職する場合、初めはなかなか慣れることが出来ないと思います。しかし少しずつ仕事に慣れ、同時に外来を訪れる患者や患者の家族と接することに慣れていく内に、ストレスも少なくなっていきますね。

それでも理不尽なクレームはあるかと思いますが、その際の先輩看護師の姿を参考に自分でも対応する内に、クレームを上手く交わしたり、また必要な場合は受け止めることも出来るようになるはずです。

ストレスはメンタル耐性によっても変わりますから、まずは仕事に慣れることを意識してみて下さい。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

外来看護師に強い求人サイトをご紹介します